音の影(2017. 7)

鮮烈な光と音の夏
犬吠埼から日の出を拝んで

絶え間ない波の音が いつの間にか 馴染んでくる…

ソウルや栃木などの出張写真も重ねて

(久石譲:あの夏へ)


冬の終わり(2017.3)

五日間の松山出張の合間に

あちこち歩き回って撮影

長い冬が終わって

僕たちにも春が来る

(Jay Chou:不能説的秘密)


自我持参(2017.1)

この半年ほどの間に 

幾つもの大切なモノを失くして

落ち込んでばかりいるのだけど

そんな自分自信も いつか失くなる…

(Mal Waldron : Left Alone)


日本とチェンバロ(2016. 11)

本場から約1万キロも離れた極東の小さな島国で

充実している古楽界の裏側には 類い稀な奇跡が…

2015年6月29日に名古屋の宗次ホールで行われた

コンサートの楽器解説からのヒトコマ


キタロー誕生(2016. 11)

リュートチェンバロの依頼を受けて

がむしゃらに作り続けた夏の記録

山縣万里さんのリサイタルのアンコールを背景に

木太郎君の誕生を赤裸々に

(ダウランド:ラクリメ)


うるう笑み(2016.8)
札幌〜ソウルのコンサートを終えて

頑張ったはずなのに 虚しい心

大切な相棒が亡くなって でも

どうにか無防備に笑わなきゃ

(Markhawasy:Imillay)


ひとりで出来るもん〜合体編〜(2016.6)

階段や小さなエレベーター以外なら

工房からステージまで一人で搬入

今回は オルガンとの合体ミッション!

特殊なチェンバロ台を作って いざ!


とっておきの水曜日(2016.4)

春のデザートはチューリップ

何も描かれてなかった二人の地図には
いつの間にか方位が刻されて 

やがて 少しずつ賑やかになってゆく

(J.S.Bach:BWV731)


サブの残念(2016.4)

ガタピシな筋肉痛の中

挑んだキックゲーム

なんとか千円の商品券はゲットしたものの

やはり詰めが甘いメンタル露呈…残念

(The WAVES:We are the Champ)


-----40

鼓膜と瞳孔(2016.1)

幼かった頃 雨の夜道で

マンホールは瞳のように見えていた

歩くたびに こっちを見つめていて

思わず 母の手を強く握りしめた

(Simon D:Cheerz)


まほろばノエル(2015.12)
街の名前も住所も必要なかった

まほろばは 君がいる場所
暦も季節も関係なかった
ノエルは 君といる時間
(John Rutter:Christmas Lullaby)


EPISODE VIII 皇帝の凱旋(2015.12)
皇帝ペンギンのマーチ
ひとりだけ やんちゃな子がいて
あっちでも こっちでも 好き勝手な散歩!
それがまた可愛くて 惚れました!
(StarWars :The Imperial March)


君がいた冬(2015.12 )

君が笑う度に 真白な息がモクモク

それが可笑しくて 僕も思わずモクモク

でも僕等の間には 大きな翼が必要だった
かじかんだソウルの夜を 一人歩いて
(ビゼー:耳に残るは君の歌声)


宙の剣(2015.11)

誰そ彼は=たそかれは=たそがれ

昼と夜の狭間の逢魔の時

そして 星達が地球に散らばって

そんなスカイツリーなひととき

(メンデルスゾーン:舟歌)


鼓膜と鼻腔(2015.9)

韓国メンテの写真の羅列

廃棄されそうだった楽器を

20時間で蘇生できた倖せ

重マイさんとの変顔合戦も交えて…

(장윤정:짠짜라)


ひとり午後(2015.8)

群衆が作る公共の時間と

自分で作る個人の時間と

ふたつの速度の狭間で

大切なものが失くなることもある

(Gilbert O'Sullivan:Alone Again)


音を編む旅(2015. 7)

ソウル、名古屋2往復、札幌2往復

立て続けの出張を終えて

スリリングな旅の向こうで待ってる温度
その為に また旅を続ける

(Natasha Morozova:韃靼人の踊り)


コムジャンオ(2015. 6)

日韓国交正常化50周年の日
リハーサルを終えた演奏家を誘って

大好きなコムジャンオの店へ!
鰻より美味いヌタウナギの乱舞を是非!


大きな微塵孤(2015. 5)

台湾は巨大なミジンコみたい

ケンタと共に 様々な交通手段を駆使して

珍道中を繰り広げた四日間

(莫文蔚:不散不見)


-----30

その時は風によろしく(2015. 3)

電車を風に見立てて

視点の位置が主語になって

風を見たり 風から見たり

音楽家への畏怖を含めて…

(フレスコバルディ:そよ風が吹けば)


バベルの闘(2015. 2)

反戦を唱えれば唱えるほど

戦争はしやすくなってゆく

それは 為政者も群衆も

平和より安易な方法だから…

(エルガー:ニムロデ)

 


労人と海(2014.11)

少年は村を出ることにした

高きを目指すなら山へ

深きを極めるなら海へ

錯綜の中で 彼の旅は始まる…

 (ラミレス:アルフォンシーナと海)


秘蜜のレシピ(2014.10)

テジョンからの帰りの列車
KTXが2時間待ちだったから
ムグンファの最終車両に乗った
あの時の秘密も 今は秘蜜に…

(La Chunfala:Punay)


鼓膜と味蕾(2014.10)

韓国メンテの写真の羅列

絶え間ないチャレンジの連続

過酷な幸せに抱かれた一週間

(DOZ:ありがとうごじゃいます)


約束の地 (2014. 9)

信じていたいから疑って

そうやって自分の弱さを誤摩化して

でも カナンに辿り着いたのだから

全てを委ねる勇気を持たなくては

(FranckyPerez & Broadway:希望)


ノンムジュレ (2014. 8)

十勝の森の中での録音

また新しい名曲に出会えた日々

調律師になったきっかけを

そっと背中に刻みながら

(アリソン・モエ:懐かしき恋人の歌)


七月の巡礼(2014. 7)

年末だけ忙しいサンタクロース
自分の本当の名前さえ忘れて…

毎年 夏に出張してくるのだけれど

思い出すのは いつのことやら…

(ラミレス:巡礼)


百済ないない (2014.6)

オルガンとチェンバロを

同時多発演奏してる時

ふと 小学生の頃 

最も気の毒だった人物を

回想していた…


チェンバロの日 2014 (2014.5)

日本チェンバロ協会のイベント

講演やコンサート等の模様を

ぎっしり凝縮した公式ダイジェスト!

新しいカメラアングルで挑んだ二日間!

(マイヤーズ:カヴァティーナ)


-----20

韓源楽組曲 第30楽章 (2014.4)

1台2台3台のチェンバロ協奏曲
コンサート調律は それだけの予定だったが
最終日に とっておきのサプライズ!
30回目の訪韓旅行記!

(원두:못된여자 )

 

木曜どうでしょう 華城編 (2014,4)

どんなに周りが後ろ向きであっても

一人 前向きに生きてゆく男

過去へのシガラミからの解放と

常に未来を模索する人生!

(水曜どうでしょうオープニング)

 


海底ニンマリ (2014.4)

東京湾アクアラインを爆走

動物の速度から文明の速度へ

あらゆる地図が塗り変わっても

辿り着くのは黄泉の国…

(カリート:GoGoカリート)

 


まぁるい きっかけ (2014.3)

満月の観覧車に揺られながら…

時には熱くなるほど

摩擦が生じてしまうのは

くっついてる証拠なのかも

(カプスベルガー:アルペジャータ)


魔女の晩餐 (2014.2)
現代を生きるのが辛いのは
何も人間だけじゃない!
環境破壊,不景気,汚職,差別,搾取,政治不信
魔女達が綴る 平成の社会派問題作! 


謹賀新年 (2014.1)

葛西臨海公園の観覧車
動画と音楽を編集した後
新年の挨拶にしたものの
字幕の変換に少々ミスが…orz
(いつも何度でも)


白曜日 (2013.12)

帯広から札幌へ移動しながら

車窓の雪景色を眺めていたら
白が好きだった父との最後の日々を

思い出して造ったストーリー

(BENI:粉雪)


北競馬(2013. 12)
人生初めてのギャンブルは
帯広の「ばんえい競馬」!
約1トンものソリを引きずる競馬!
見事に1位を当てて晩餐が豪華になったっけ…
(フォスター:草競馬)


木曜どうでしょう 札幌編 (2013.12)

大好きな「水曜どうでしょう」の聖地

HTB裏にある平岸高台公園にて!
小ネタ動画にも初挑戦!
(水曜どうでしょうオープニング)


タイ曜日 (2013.11)

バンコク アユタヤ

タリンチャン水上マーケット
念願のゾウに乗れて御機嫌!
夢のようなタイでの日々!
(ケテルビー:ペルシャの市場にて)


-----10

東曜日 (2013.9)

6年前に突然消息を絶った彼女は

どうやら僕の子供を妊っていたらしい…
長生きしなければいけない理由を見つけた

本土最東端の納沙布岬への旅

(ピアソラ:オブリビオン)


西曜日 (2013.8)

大分出張の時に足を伸ばして

本土最西端の神崎鼻公園へ!
モノクロからカラーへ

時代の経過を 画質と速度で表現

(Pet Shop Boys:Go West)


鍵盤を作ってみようか (2013.7)

工房で製作中チェンバロの

鍵盤作業のドキュメント

写真と動画で工程を紹介

(エンヤ:Boadicea)


六月の憂鬱(2013.6)

鎌倉から江ノ島へ

僕等はゆっくりと旅をした

僕の好きな紫陽花と 君が好きな海月と

僕等が好きな憂鬱と 手をつないで

(フォーレ:パヴァーヌ)


北曜日 (2013.6)

帯広から札幌を経由して

最北端の宗谷岬への旅

“曜日シリーズ” 第一弾!
(山本コウタロー:岬めぐり)


韓国メンテ (2013.5)

二年ぶりの韓国メンテ

毎日アップしていた動画を

ひとつにまとめた紀行録


チェンバロの日 イヴ (2013.5)

日本チェンバロ協会のイベント

「チェンバロの日」の前夜

搬入等を終えて翌日に備えている

会場や楽器の様子


さよならペリー (2013.4)

下田港周辺を散策して収録

ペリー来航の黒船も映せて

ちょっと御機嫌だったっけ

(銀色夏生:かなしいことり)

 


らじく (2013.4)

苫小牧からの帰りのフェリー

閑散としてたからこそ

撮れたフェリーの室内映像!

(街角☆ヘブン:君への誓い)


くじら (2013.4)

帯広出張の苫小牧行きフェリー

まるで大きなくじらに飲み込まれる

ヨナになった気分

(街角☆ヘブン:花)


 ∵ 日 々 創 作  ∴ 時 々 仕 事

 

7/17 動画

音の影

7/15 作曲

テノヒラ未来

3/ 26 動画

冬の終わり

2/ 4 作曲

獏飼い注意

1/24 作曲

ゆらゆら

1/12 動画

自我持参