中学に入って間もなく

姉のギターやピアノをいじって

いつからか作曲を始めてました

 

今でも楽譜は読めないので

気のむくままに弾きながら作曲し

それを録音した過去の音源です

 

中学時代 4曲

高校時代 3曲

調律学校時代 20曲

浜松時代 3曲

桐朋時代 4曲

 

 

 

 

・・・・・・・中学時代・・・・・・・

 

 言葉巧みに同級生を唆して

   「俺の言う通りに弾いて歌え!」 

 そんなふうに録音した音源

 

 マッシーとゲラと三人で組んだ

 「SIGH」というバンドは

 ギターと声だけのサウンド

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

「九月の雨」
マッシーとオイラの

二人でボーカル担当

コード展開やテンポ変化が

今では作れない曲


「時の調べ」

サビは盛り上げるもの!

だから音程も高くするのは

よく分かるのだけれど

テンポまで速くしてたのか…


「偏西風」

ボーカル無しの曲

譜面がないということは

みんな記憶だけで演奏…

誰だ 最後に短調弾いた奴!


「愛夢想理伊」

ステレオの台を叩いて

ドラムのつもり…

このリズム感は今でも

変わることなく…orz


 

 

・・・・・・・高校時代・・・・・・・

 

 2台のラジカセをつないで

 一人で重ねていった

 なんともアナログな多重録音

 人生最高に暗い曲達…

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

「たそがれ」

別れて また 戻って

そんなこと繰り返して

 


「季節外れのホワイトデー」

恋人を月になぞらえて

チョコをくれた人を

星になぞらえて

 


「愛ひとつ」

未練がましい

女々しい

当時から駄目男だった…


 

 

・・・・・・調律学校時代・・・・・・

 

 憧れのマルチトラッカーを購入

 卒業間近に夜な夜な録音した

 アルバム「Nachdruck」(1989.3.31)

  カセット録音なので A面とB面だ!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

A-1 Do Best 

高校時代に隣町の柏まで通って

楽器屋の店頭にあったシンセで

当時まだ斬新だった音での作曲

録音でも友人のシンセを拝借

 


A-2 アラブの王様 (ピアノ曲)

自分で作っておきながら

自分で弾けてない典型的な音源…

アラブチックな音階を発見して

試行錯誤してまとめた曲


A-3 Thanks

ギター出身だと

どうしてもハ長調かト長調で

曲を作ってしまうのだけれど

この曲だけは何故かホ長調!


A-4 Maiden ~少女~(ピアノ曲)

「禁じられた遊び」のように

一番高い音がメロディーを奏でて

その下の指でアルペジオを弾く

そんなギター演奏を模した曲


A-5 雨音のアリア

当時 ゆっくりしたテンポで

6/8拍子の曲をバラードだと

そう信じていて作ったので

きっとバラードなんだと思う


A-6 Into Fall ~秋の中へ~(ピアノ曲)
調律学校の教室にあった

音が硬いグランドピアノ

自分で調律して 何度も録り直して…

だから当時の調律技術にも orz…

 


A-7 冬の日の午後

卒業式が終われば

彼女は雪の故郷へ

僕は楽器の街へ

そんな当時の心境が赤裸裸


A-8 Soft Blue(ピアノ曲)

最初は歌詞を付けていたのに

音域が広過ぎて 歌えなくて

やむなくピアノ曲に変更…

 


A-9 つばめの赤ちゃん

お遊び的に作ったものの

友人達に一番ウケた曲…

ボーカルのエフェクトが

面白かったんだろ?

 


B-1 小さな愛

ギター演奏技術も無いから

普段はただのアルペジオ

でも この曲だけは

アルペジオに別の旋律


B-2 Serenade(ピアノ曲)

とにかくメジャーセブンスが

大好きだったらしい…

そしてダンパーペダルも

大好きだったらしい…


B-3 See You Again

冬の日の午後と同じ人を

歌った曲なのだけれど

卒業後 彼女は夭折されて

二度と会えない人に…


B-4 てふてふ(ピアノ曲)

この曲のサブタイトルは

〜ちょうちょによる変奏曲〜

どうやら当時は

変奏曲の意味を誤解していたらしい…

これは自作でなくアレンジ曲


B-5 Fight

サウンド頑張ったものの

歌唱力に一番ダメ出しを食らった

トホホな思い出の曲…

 


B-6 Recollection(ギター四重奏)

中学時代の曲を多重録音

初めて買った和英辞書で調べた

“思い出”という語がこの英語…
何故に“メモリー”じゃなかったのか…


B-7 Friends

学生として最後の冬

数ヶ月後には社会人

昭和から平成へ変わった頃

同級生へ捧げて作った曲


B-8 Daydream~白昼夢~ (ピアノ曲)

バイエルが全然上達しないオイラ

見かねた白川浩先生がのたまわった

「君 自分の曲弾いてごらん」
その時 恥ずかし気もなく弾いた曲

それ以降 ピアノレッスンは

自作曲でやってくださいました


B-9 さよなら

ピアノの白川先生が出した課題

「三つのコードだけで作曲せよ」

こんな曲が限界だったようです…

思い出深い母校も今では廃校…

さよなら


BT-1 Keihaku(ギター三重奏)

ナッハドゥルックには未収録

アルペジオを弾いて

それに合わせてアドリブで

ふたつの旋律を録音した曲


BT-2  LakeNorth No4 (ピアノ曲)

湖北という街に住んでいたので

小さなピアノ曲は「レクノス」と

そんな名前をつけてました

その中から第四番

 


 

・・・・・・・浜松時代・・・・・・・

 

浜松市営の勤労青少年寮で二年

22時に消灯 24時に電源オフ…

軍隊の宿舎のような日々の音源

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

流れるままに

相部屋の頃もあったから

コソコソとシンセを弾き

誰もいない時間に

こっそりボーカル…


青い便箋

姉のピアノの生徒の詩

姉からの依頼で曲だけ作って

楽譜書けないので録音…

 


ボアネルゲス

浜松時代に組んだバンド

練習もライヴも音源無し…

シンセとベースだけの

唯一残ってる音源…



・・・・・・・桐朋時代 そして独立・・・・・・・


日本ピアノ調律師協会入会、コンサート調律、独立

学生時代の夢を とりあえず叶えた頃の音源

自由だと思えた独立は 最も不自由な人生への転換だった…


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「初めの一歩」 (1993)

根拠の無い自信と

虚しい現実とのギャップ

そんな船出だったなぁ


「風に彩をつけたくて」(1993)

独立しても 仕事はなくて

でも時間と夢だけはあった

調律と 作曲への

意気込みだけで作った曲


「Soft Blue」(1994)

桐朋の220の部屋にあった

大橋ピアノで録音

思い出の多い

昔の曲を加筆修正


「Alles Gute」 (1994)

浜松時代に同じ寮で

菓子屋の修行をしていた

友人の結婚式の為に作った曲

曲の最後に 幸せへの祈りの鐘を

三回 鳴らせています


 ∵ 日 々 創 作  ∴ 時 々 仕 事

 

3/ 26 動画

冬の終わり

2/ 4 作曲

獏飼い注意

1/24 作曲

ゆらゆら

1/12 動画

自我持参