深夜のクレッシェンド

大量のモモイロキネマ所持で

逮捕寸前まで 追い込まれていた平賀君を

保証人というかたちで 警察署まで引き取りに行った

 

 

まあ 入手経路を明かさなかったのはエライが

警察に通報された経緯が まったくマヌケである

モモイロキネマを見ていて 鼻血が止まらなくなり・・・

 

 

大量出血で 救急車で搬送され

病院から 警察に通報されたらしい・・・

 

 

あれから 数週間がたち

久しぶりに 平賀君が

フラリと アジトに訪れた

 

 

「あれ 先輩 その紫の板 なんですか?」

『ああ これか 携帯だよ』

「また 新しいのに変えたんですか?」

 

 

そうである

私は 昨夏 世界一カッチョいい携帯と称して

LYNX SH-10Bを 平賀君に自慢していたのである

 

 

「今度は ついに アイフォンですか?」

『まさか! あれはテレビが見れないからな』

 

 

というより Iフォン Iパッド Iポッド

私にとって これらのそっくりな名前は

区別することが 難解な類に属するのだ

 

 

サルでもないのに

アイアイアイアイ 

アップル社の気がしれない

 

 

『ドコモのメディアスだ!』

「ちょっと 見せてくださいよ! うわー軽い!」

『世界いち 軽薄な機種なのさ』

「うわ! 先輩に似合うわけだ!」

 

 

デコピン 3連発!

 

 

「イテテ 冗談ですよ!」

『冗談になってないから 不愉快だ!』

「あ 僕の作ったアプリ 入れといてあげますよ」

 

 

平賀君は こう見えて 発明家である

源内翁の血をひいてるはずなのに

時々 妙なモノを 発明してしまうのだが・・・

 

 

『君 携帯持ってないのに アプリを開発してるのか?』

「ええ パソコンで作ってますから」

『で どんなアプリなのかな?』

 

 

彼の話は 無駄に長いので 要約すると次のようなものである

 

 

タッチパネルで操作するタイプで

持ち主以外の指紋でタッチされ

30分以内に 持ち主がタッチしないと・・・

 

 

盗難とみなされ 自動的に警察に通報

GPSで 場所まで特定され 即逮捕!

前科者の場合は 窃盗者の名前まで通報されるという!

 

 

『す すごいじゃないか! でかした平賀!』

「アップル社の陰謀の応用でしかないんですけどね」

『なんじゃ それ?』

 

 

彼によると タッチパネル方式の携帯は

持ち主と 指紋の情報が 自動的に登録され

そうした個人情報を CIAに売って 莫大な利益をあげているらしい

 

 

なので アメリカでは お尋ね者は

決して アイフォンを使わないし

ボタン式の携帯を所持しているという

 

 

「うわー スマートフォンって サクサクなんですね!」

『大富豪も入ってるぞ!』

「テトリスもインストールしていいですか?」

 

 

子供のように はしゃぎながら

平賀君が 私の携帯をいじっていると

深夜だというのに アジトのドアがノックされた

 

 

『ん? 誰だ こんな時間に?』

「彼女じゃないですか? 僕 帰りますよ」

『あいつなら 赤いワーゲンが駐車場にあるはずだが・・・』

 

 

平賀君は ブラインドから 駐車場を眺めて 絶叫した!

「せっ先輩! パトカーが3台も停まってます!」

執拗に ノックの音はクレッシェンドしていく・・・

 

 

あっ

 

 

私は 平賀君の手にある携帯を見て 

頭を抱えてしまった

彼は ゆうに30分以上 私の携帯で遊んでいたのである・・・

 

 ∵ 日 々 創 作  ∴ 時 々 仕 事

 

3/ 26 動画

冬の終わり

2/ 4 作曲

獏飼い注意

1/24 作曲

ゆらゆら

1/12 動画

自我持参

12/ 31 作曲

元旦敬白

12/ 22 作曲

冬の友達

12/ 22 作曲

ドレミは空白

11/ 21 動画

キタロー誕生

11/ 11 作曲

ゆみはりぬ 冬

11/ 7 作曲

かえり道

10/28 楽器

「キタロー君」

9/17 録音

「1st Concert 2015」

8/19 動画

うるう笑み